新潟教育

新潟市の教育を教職員の組合活動を通して考えていきます。 中の人は複数。関心もそれぞれ。多彩な内容を目指して。

非理不尽

 15日に北朝鮮のミサイルが発射された。もちろん、この行為そのものは許せるわけはない。
 しかし、学校現場での対応はどうなっているかという声がある。新潟市教委の各学校への文例はとても実際にはそぐわない。そもそも10分間以内に列島に飛んで来るミサイルは爆破した場合は逃げられないのではないか。Jアラートがけたたましく鳴るので、本当に怖がっていた子どもも最近は本気になっていない。ある市内の学校ではこの件で実際に避難訓練をしている。子どもが持っているカバンを頭にかぶって避難した。小学校は学校へ通学することを一時差し止める。親は仕事に行かなくてはいけないのに困ってしまう。電車も一時、駅に向かう途中の線路で停車している。
 韓国にはアメリカ人は軍関係者などを含めて約2万人住んでいる。これらのアメリカ人の人たちは危険の場合、韓国から逃げるマニュアルがある。けれども、今までの北朝鮮のミサイル発射で国外へ逃げた話は聞かない。
 それにしても北朝鮮の暴挙を早く終わらせることは政治の仕事である。

 千葉大学で学会があって参加して来た。小学校の教科書執筆している大学の先生は、「中教審で言っていることと学習指導要領の内容はまったく矛盾している」と怒りで話されていた。時数は減らさず、英語を小学校に導入すること自体、おかしいと言われた。この県では英語研修が行われているが、身になっていないと話された。全国的に朝の時間、モジュール(15分間)で英語をするのではないかと言われているが、学力テストがない社会科の時数を削減して充てるのではないかとまことしやかに心配されていた。周囲で聞いていた全国の小学校教員から、「子どもが荒れるのでは」と不安の声があがっていた。

 アクティブ・ラーニングの推奨はやはり「型」にはまった授業の横行である。批判しているはずの講義式授業を形をかえて行っているのに過ぎない。教材論がまったくない。子どもの実態から授業づくりがされていない。学会で報告されている授業の報告を聞いていて、子ども論、教材論のない授業のむなしさを強く感じていた。どれだけ授業の体裁を整え、アクティブ・ラーニングをしているようにするのである。こんな授業では子どもはかわいそうだが、教師自信も楽しくないだろう。一番驚くのは、報告から子どもの姿がみえない。日本の教育の未来はなかなか展望できないと参加者とため息をついた。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

全くの同感です。
そもそもあれだけ国が言っていたアクティブ・ラーニング自体,文言として学習指導要領に掲載されていないことは論理破綻していると考えています。

  • 2017/09/19(火) 16:25:35 |
  • URL |
  • 森のくまさん #-
  • [編集]

研究会が終わったら、消え去ったPISA型、果たして検証はされたんでしょうか。 

  • 2017/09/28(木) 00:12:30 |
  • URL |
  • 中狂犬 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nctu.blog28.fc2.com/tb.php/495-fa6ab76a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

本日までの出席者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

note111

Author:note111
管理人。
ブログ初心者。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する