新潟教育

新潟市の教育を教職員の組合活動を通して考えていきます。 中の人は複数。関心もそれぞれ。多彩な内容を目指して。

夏休み寸前

 このブログで予想した通り、新潟市の小学校道徳教科書の採択会社が光村図書になりました。
 7月21日(金)午後3時から、新潟市教委は採択を決めるため教育委員会会議を開催しました。傍聴席は満席でした。抽選に漏れる方もいました。内容的に問題がある教育出版の教科書が採択されるのではないかということが満席の要因でしょう。審議は、学校図書、教育出版、光村図書の三社が推薦されました。一番支持が多かった光村図書が採択されました。
 この採択は誰でも予想できるものです。編集委員には元小学校校長(前東区ときわ会会長:東区教育事務所長)や市総合教育センター指導主事、市内の小学校教員などがなっているからです。
 編集委員以上問題より、この道徳教科書が国語の教科書ではないかと思える内容が気になります。各小学校現場では使いにくいという声が出ています。

 新潟市は全国では20%しかしていない2学期制を採用している小中学校がほとんどです。ただ、3学期制を採用している学校は小学校で6校、中学校は5校あります。2学期制を採用している学校も2学期制の枠に、3学期制の内容をそのまま実施している実態があります。
 もちろん、2学期制は通知表が2回のために所見を2回しか書かなくてもよいという教師側のメリットもあります。
 しかし、大半の保護者の方々は、長期休業中前に自分の子どもの成績を知りたいと思います。そのために、どの小中学校も工夫して、保護者に児童生徒の成績の実態を知らせているのではないでしょうか。
 多くの学校では「2学期制をやめたい!」という声があります。新潟市教委は学校が独自に3学期制でも2学期制も採用できるとしていますが、やはり市内の空気を読んでいる学校が多いようです。子どもの実態から学期制を採用しようと基本に戻ることが求められています。新潟中央高校のように2学期制を採用しても実態に合わないと判断して、3学期制に戻した勇断の例もあります。
 異常気象で、毎年暑い夏になっている今日、2学期制のメリットは見えなくなっています。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

道徳に限らず、教科書選定にあたっては、
採択委員らが評定する「教科書調査研究書」が
もっと広く公表されなければなりません。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/shidou/30_31shou_textbook/02_29.pdf
↑は,東京都の教科書調査研究報告書ですが,
基準がどう考えてもおかしい(つまり恣意的)のは
もちろんですが,それでも,そのおかしさに一般の方が
気づけるような材料を提供している意味では、評価
できると思います。新潟の場合は,出来レースなので,
むしろこのような報告書自体が作成できないかも
しれませんね。広く公表されるのを恐れるでしょうから。

  • 2017/08/18(金) 13:12:49 |
  • URL |
  • 森のくまさん #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nctu.blog28.fc2.com/tb.php/490-73442c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

本日までの出席者数

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

note111

Author:note111
管理人。
ブログ初心者。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する