新潟教育

新潟市の教育を教職員の組合活動を通して考えていきます。 中の人は複数。関心もそれぞれ。多彩な内容を目指して。

探してもいない!

 新潟市で講師がいないという声を4月からよく聞きます。定数法が変わり、正規教員を配置するところに講師配置で代えることができました。そのために、人件費をおさえることができるので、正規教員ではなく講師を安易に配置してしまう場合が少なくありません。正規教員1人の人件費で3人の講師が採用できますから、全国的にも講師配置が当たり前になってしまいました。
 年度初めの4月に講師を配置してしまうために、年度途中に産休育休や病休があっても、なかなか講師がみつかりません。市教委や県教委にまかせても埒があかないと校長によっては、自分のネットワークで講師を探す方もいます。
 先月には西蒲区の中学校で、国語を探していました。現在では西区の中学校で理科を探しています。この学校は国語のお休みも出るかもしれないので、大変な状況になっています。校内で調整してしのいでいます。理科と国語の教員が週24時間の持ち時間になって悲鳴をあげています。この状況を市教委は放置しておいて、学力向上の大合唱は絵に描いた餅といえます。市教委や校長が必死になって、講師を探しているのでしょうか。「いないものは仕方がない」では通りません。目の前の子どもの教育に齟齬が生まれていること自体、教育に責任を持たないことになります。
 何よりも一般教員に負担がかかるのは避けるべきです。市教委が真剣に教職員の多忙化を解消しようとしているなかで、授業時数を4月より年度途中に増加させるのは、その学校の教育活動を麻痺させる要因になります。
 国の制度によって、講師がいないでは困ります。市教委、管理職はこの現状を打開するために全力を尽くすべきです。
教職員に指導をすると同じくらい、その学校の教育環境を整えることが求められています。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

現場ではとにかく人が欲しいです。しかも66講師ではなく年度で一枚の辞令での講師任用を望みたいところです。他県ではそれがきちんとできているところもありますので…。

  • 2017/07/11(火) 09:27:17 |
  • URL |
  • 出席番号774 #-
  • [編集]

全く。市教委は毎年i主事訪問」するより、講師が見つかるまでの授業の穴に主事を派遣し、講師を探すほうが「学校支援」になるのではないか.

  • 2017/07/15(土) 02:33:17 |
  • URL |
  • 流れ者講師 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nctu.blog28.fc2.com/tb.php/489-9288466e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

本日までの出席者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

note111

Author:note111
管理人。
ブログ初心者。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する