新潟教育

新潟市の教育を教職員の組合活動を通して考えていきます。 中の人は複数。関心もそれぞれ。多彩な内容を目指して。

学閥を解剖する

 あるサークルの会報に「私の見た学閥(ときわ会)」が掲載されました。退職したときわ会会員の方です。興味ある内容なので批評を入れて、少しご紹介します。
 第一はその学校の学閥の会があると夕方、突然ごっそりと管理職をはじめ多くの男性教員を中心にいなくなります。施錠は誰がするのかという話になってしまいます。他の学閥の教師か無派閥の教師が施錠をします。
 第二は会費である。年間10万円以上の会費を払います。学閥の教師の中には「保険だなぁ」と言っている人が一定数います。飲み会は年2〜3回。会報は年1回支部単位でつくります。会費の内訳を知らない学閥内の教員が多いのです。飲み会の出席は学校ごとに出席率で明示されます。中学校の出席率が悪いと話題になります。部活動があるので仕方もないのですが、出席率は校長のメンツでもあるわけで大変なことになります。
 第三は学閥は「研修団体」を名乗っています。全県的なセミナーを盛んに開きます。組織的な課題があって、研修部と組織対策部が意図的に進めます。夏休みに新潟の教育会館(ときわ会の居城)でカウンセリング講座など実施します。研修することは大事ですが、上から降りてくることだけが内容で、その域を越えないで行われています。(現在、ときわ会が「ときわ未来図」を推進しています。委員長は新潟市中学校校長会長)
 第四はある世代から急に声がかかり、管理職になるための研修が行われます。テキストは教育法令ではなく、「管理と運営」です。学閥の管理職のバイブルといえます。管理職試験の論文はの書き方などはていねいに現職校長が添削します。当然ですが、学閥に加入していない教員が管理職にはなれません。
 第五は組合選挙に対する介入です。不当労働といわれないようにする。これはときわ会、公孫会、新陽会の三派連合で協力して組織対策を図ります。ある学校に集められて、どの学校から誰が役員で立候補させるか、選挙の実務を相談します。夜7時を超えると、弁当が配られます。そのため、役員になると、「このたび○○の役員にさせていただいた●●です。よろしくお願いします」という教師が存在します。誰かにさせていただいたのでしょうか。県教組の役員した校長が2月のある日、「昨日は組合役員出身の管理職合格者の激励会だった」と言いました。驚きました。
 第六は教員評価である。中越ある都市のときわ会総会に市の教育長が来て、「この会で一緒に研修している人は、教員評価は問題ありません」と言いました。会場は拍手がおきました。これが新潟の教員評価の実態です。

 なかなか面白い事実です。学閥の介入では「教科書採択」があります。小学校がもうすぐ「道徳の教科化」のために、道徳の教科書の採択が注視されます。新潟の場合、道徳の教科書の内容が「パン屋から和菓子屋」になったことも大変なことですが、学閥がどの教科書を採択するかが見物です。新潟市では小学校と中学校のある教科書の会社からの贈与が問題化しました。教科書採択では小学校がはやく行われます。現在、小学校で12ある教科書のうち、3分の1がG社になっています。道徳は市小学校校長会長が採択責任者になる可能性が大きいでしょう。これでG社を採択したら、介入を実証するといえます。学閥の動きは目を離せません。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

学閥拡散

勝手に拡散させていただきました。前川さんじゃないですが、どんどん内部告発が広がるといいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nctu.blog28.fc2.com/tb.php/484-104ff4a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

本日までの出席者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

note111

Author:note111
管理人。
ブログ初心者。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する