新潟教育

新潟市の教育を教職員の組合活動を通して考えていきます。 中の人は複数。関心もそれぞれ。多彩な内容を目指して。

養護教諭は大変だ!

 今年度は新潟市の養護教諭さんが本当に大変な年になっています。保健給食課の姿勢が問題になっています。

 まずはMy life planの少子化対策パンフレットです。各中学校では「結婚や妊娠は個人差があるのに35歳までに結婚しなさい、といわんばかりなのはおかしい」という声が大きくなっています。

 2つ目はフッ素洗口です。平成30年度までに新潟市の全小中学校に実施すると市教委はしています。小学校からフッ素洗口の保護者向けの説明会が、矢継ぎ早に行われています。説明ではプラス面しか強調しないために、保護者はフッ素に承諾している場合が多いようです。
 一方で、北区のある学校では学校歯科医がフッ素洗口を推進していないために先送りになりました。市教委はその歯科医を代えました。その露骨さなやり方に批判の声が出ています。

 3つ目は給食の牛乳問題です。これは栄養教職員とも関連します。
 先頃作成された新潟市教委保健給食課のアレルギー対応マニュアルでは、アレルギーで牛乳を飲めない児童生徒は牛乳停止をする場合、医師の診断に基づいて医療機関が記入、押印した市教委の届用紙を提出すること、としました。
 学校現場は子ども、保護者と教職員の信頼関係で成り立っています。自己申請でなく、なぜ医師の診断が必要なのか各学校で「おかしい」という声が上がっています。学校と保護者の関係を引き裂くことになります。牛乳を飲ませたいのでしょうか。飲む、飲まないは本人家族の自由意志なはずです。牛乳飲用強制ともとれるものです。教職員にも牛乳を飲めないなら、医師の診断が必要だとしています。強制というよりほかありません。
 養護教員は上記の3点で大変な1年になっています。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

フッ素

フッ素が毒なのは科学、医学の常識ですがなぜ使うのかな。

  • 2016/03/06(日) 21:35:47 |
  • URL |
  • あざらし #-
  • [編集]

アレルギー対策の件について、2つの点で仕方がないことだと考えます。

1点目、
アレルギーに関する情報は命に関わる重要な情報です。それほど重要な情報の責任を保護者や子どもの自己申請だけに負わせてしまうのは、荷が重すぎるのではないでしょうか?
医師の診断書が一枚あるだけで安心感が全く違ってきます。押印があればその情報について医師が責任を負ってくれます。

数年前、東京の調布市であった食品アレルギーによる死亡事故は給食の「おかわり」が原因でした。リスクはあらゆる場所に潜んでいます。
どんなに注意していても、取り返しがつかない事故が起きる可能性をゼロにすることはできません。しかし、少しでもゼロに近づける方策があるのなら、それをやるべきでしょう。私は学校からストレッチャーに乗せられて下校する子どもの姿を見たくありません。

2点目、
この街もネグレクトをはじめとする児童虐待と無縁でない、という背景があります。
学校には着替えや入浴といった基礎的な衛生習慣すら身についていない子どもも少数ですが在籍しています。施設には小学校低学年のような体型の中学生が生活しています。

保護前の被虐待児にとって、安全で確実な栄養源は学校給食だけということが少なくありません。親の申告を鵜呑みにして、給食のメニューから食品を減らしてしまうのは正直なところ不安な場合があります。保護者や子どもを信じることはとても重要なことですが、信じたために学校が虐待の片棒を担ぐ羽目になったら…と思うと、恐ろしくなります。

少子化対策、子育て支援を政府は声高に唱えていますが、現場レベルでは到底十分とは言えません。学校が子どもを守る最後の防波堤にならなければいけない状態は、まだ続きそうです。

---

> 学校現場は子ども、保護者と教職員の信頼関係で成り立っています。
> 自己申請でなく、なぜ医師の診断が必要なのか各学校で「おかしい」という声が上がっています。

アレルギーに関する医師の診断書を出してもらうことぐらい,気軽に保護者にお願いできるような信頼関係を保護者や子どもとの間に築いていきたいと私は考えています。

おかしいのは「診断書の提出を求めること」ではなく、子どもの命を守る基本的な情報収集すら過重労働に感じられてしまう現在の職場環境なのではないでしょうか?

  • 2016/03/08(火) 21:07:05 |
  • URL |
  • 出席番号774 #-
  • [編集]

いつも貴重な情報をありがとうございます。
私も牛乳の件には反対です!
職員については、いかなる理由でもあてはまらない(停止による返金対象にはならない)、との説明を受けました。
牛乳の問題については、少し検索すると色々勉強できます。私は、牛乳を摂取しなくなってから、季節の変わり目、冬のシーズンに必ずあった酷い鼻水のアレルギー症状がなくなりました。

結局、これも牛乳による利権が絡んでるんだろうと思われます。

  • 2016/03/22(火) 08:34:18 |
  • URL |
  • 出席番号774 #GVEgLz2c
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nctu.blog28.fc2.com/tb.php/454-b5e1b47a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

本日までの出席者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

note111

Author:note111
管理人。
ブログ初心者。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する