新潟教育

新潟市の教育を教職員の組合活動を通して考えていきます。 中の人は複数。関心もそれぞれ。多彩な内容を目指して。

新潟の教育が異常だ! 新教組定期大会の訴えから

 6日(金)・7日(土)の両日、県教組の当初大会がありました。
 そこで発言された各支部の内容は驚くべきことばかりでした。いかに教育現場が異常かご報告します。

 まずは小中一貫教育です。
 三条では3つの小学校(四日町・条南・南小学校:嵐南小学校に統合)と1つの中学校(第一中学校)が同じ校舎になりました(旧三条高校跡地)。設備面では体育館とグランドが1つしかないために、小中どちらが使うかで大変だというのです。その上、小中学校の教務室が1つで給湯が1つしかないとか、職員トイレが小学校側にあって中学校の職員が不便だと言います。何よりも多忙感はすごいと発言がありました。
 その上、三条は教員に何も相談なく、「学びのマルシェ」といい土曜授業があります。習熟度別学習を実施し、上のレベルの子どもには能開センターという塾産業が面倒をみます。その他のレベルの子どもは新潟大学の学生が学習ボランティアで担当します。教員もも関われば、勤務はどうなるのでしょうか。

 湯沢でも小中一貫校の「湯沢学園」が開校しました。新校舎建設が間に合わず、新旧校舎を使っています。移動に5分かかり、時間厳守と子どもに言えない状態だそうです。新旧をつなぐ連絡通路はトラックが出入りするため、屋根がなく雨が降ると子どもの移動が大変だといいます。小中のフロアが同じで、吹き抜けのために子どもの声が聞こえるために、小中の時間が違うために中学生が学習に集中できない場合があると報告されました。小中合同会議が放課後行われますが、勤務時間外が多いこと、部活動のままならないと嘆きブルースです。
 三条も湯沢も教育委員会改悪の先取りのようです。すべて首長主導で実施されています。

 佐渡の実態もすごいものです。平成18年度、小中53校あるのを平成30年度には27校に統廃合します。前期統合が終わり、後期統合に進んでいます。統廃合されたにも体育館が完成されず、バスで旧校舎に子どもを移動させたりする実態や学校が荒れて大変だと報告されていました。また、佐渡は官製研修で新潟の内野の県立教育センターに13時30分に始まる場合、カーフェリーが片道2時間30分でかかるため、朝から出かけなくてはなりません。16時に終わると、帰りのカーフェリーは19時30分です。両津に着いてそこから自宅に帰るわけです。ジェットフォイルに乗れば、片道4千円です。佐渡島内で官製研修ができないのでしょうか。

 県央では異動人事調書の書き換えをされたという驚きべき報告もされています。
 小中一貫教育や佐渡の教育の実態、異動調書の書き換えは驚くべきものです。これは県教組がしっかりと県教委や当該の市教委に交渉すべきです。教職員は現在、ギリギリの実態で働いていることを痛感した県大会でした。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

教育委員会は何をやっている

特に三条市は国定市長が住民の反対を押し切って統合したので、なんとか在任中に成果を出そうと必死です。学びのマルシェは教育委員会が考えたのでしょうか。市長の顔色をうかがうより現場にもっと目をむけてもらいたいです。

  • 2014/06/10(火) 23:53:40 |
  • URL |
  • 三条小中一貫反対 #-
  • [編集]

国定市長の悪あがきが目に見える。住民の反対を押し切って作った小中一貫校。市教委や校長に実績を出すよう必死になっているのだろう。

  • 2014/06/16(月) 23:20:26 |
  • URL |
  • 五十六 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nctu.blog28.fc2.com/tb.php/414-70d816da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

本日までの出席者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

note111

Author:note111
管理人。
ブログ初心者。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する