新潟教育

新潟市の教育を教職員の組合活動を通して考えていきます。 中の人は複数。関心もそれぞれ。多彩な内容を目指して。

学校教育の実態とかけ離れている、という話

 教育関係の記事が16日(木)、2つの新聞に掲載されました。

 新潟日報には「県の少人数学級事業 小4・5と中1に拡大14年度」のタイトルで報道されました。県教委が小3まで1学級35人以下学級を一部の小学校で実施している「少人数学級パイロット事業」の対象を2014年度から小4・5と中1に拡大するというものです。2015年度以降は対象を中3までの全学年に広げ、1学級の人数が25人を下回らない限り、少人数学級としていく方針を明らかにしました。2014年度は1学級の児童・生徒数が36〜40人の学年で、35人以上に編成しても1学級25を下回らない学校が対象になるとしています。小3が約30校、小4が約20校、小5が約40校、中1が約50校をモデル事業を拡大しています。
 しかし、ここで最大の問題は教員の定数を増やさず、加配教員などを現体制のままで対応することです。少人数学級は子ども数を1学級で減らすことと、教員数を増加させること両輪があるために歓迎されるのです。教員を増やすから、子どもに対してきめ細かな教育ができるのです。教員数を増やさない県教委の少人数学級の事業は学校現場の実態を知らないというかしかありません。

 もう1つの記事は朝日新聞の新潟版に掲載された篠田昭市長のインタビュー記事です。すぐ目に入るタイトルは「地域の学力、親は知るべき」」「予算投じる以上、責任ある」「成績の悪い区には優秀な先生を異動」です。
 篠田市長は学校ごとの学力テストを結果を公表することはしないが、各区ごとにすることを言明しています。記者の「学校の序列化につながるのではないか」の質問には直接に答えず、「教育に莫大な予算を投じている以上、市長としてどれだけ効果があったか市民に説明する責任がある」と述べています。その上で、「今後も成績の順位が固定化しないように工夫していく」としています。
 「具体策は?」と記者に聞かれた篠田市長は、「成績が悪かった区には優秀な先生を異動させ、成績の底上げを図る。さらに教育長を除く教育委員を8人増員し、担当の区を割り当てる」と回答しました。この回答には学校現場では反発が大きくなっています。学力テストの結果のよい悪いは、教員の力量だけでなく、地域性の実態や家庭環境などさまざまな要因があります。1つの要因でしかない教員の力量だけを追求することはおかしいのではないかという声が上がっています。
 その上、ある学校では「この発言に賛成!優秀な先生、つまり市が認めたマイスター教員や優秀教員(教員免許制の免除)などを大変な学校に配置し、一般な教員は学力の高い学校に配置してくれることでしょう。」と逆説に捉えた発言が教職員に拍手されていました。
 2つの記事とも学校教育の一面しか捉えていないことに日本の教育の危惧を感じてしまいます。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

学閥が格差を作る

実績のある先生ほど中央区に集められているのが現実です。それは新潟小、白新中など学閥のえらい校長のいる学校が集中しているからです。学閥内の力関係で校長と学校がランクづけられているのが問題です。教員だけでなく学閥の大物校長も大変な学校に異動させましょう。きっといい学校になるでしょう。

  • 2014/01/20(月) 21:32:22 |
  • URL |
  • 不老狸庵 #-
  • [編集]

そもそも、公立校教員の異動は、学校間格差をなくすためのもので、
教員の力量や学校事情などを考慮してあるはずなのでは?

となると、市長の発言は…

  • 2014/01/25(土) 22:23:56 |
  • URL |
  • pontax #JalddpaA
  • [編集]

学閥有力校長が人事に影響力持ちすぎ。某会は政治家と飲食を共にし・・・・・・・。

  • 2014/01/31(金) 01:00:07 |
  • URL |
  • ヽ(´o`; #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nctu.blog28.fc2.com/tb.php/404-417806bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

本日までの出席者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

note111

Author:note111
管理人。
ブログ初心者。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する